SKYCOM

SKYCOM


DSP9軸ワイヤレスモーションセンサーから算出されるクォータニオンを剛体として変換


DSPワイヤレス9軸モーションセンサーは、センサー内部で加速度/角速度の値から姿勢推定値(クォータニオン)を演算し、その値をメモリ保存できるという優れたハードウェアです。
動作解析を行うことを考えた場合、身体に取り付けられたセンサーの姿勢推定値を、動作解析ソフトウェアへ取り込みたいことがあります。

スポーツセンシング社では、オプティトラック社製のモーションキャプチャシステムを取り扱っており、DSPワイヤレスセンサーや、フォースプレートと共に、モーションキャプチャシステムを同時使用することがあります。
『データコンバータ for SKYCOM』は、姿勢推定によって得られるクォータニオンの値を、SKYCOMの中で剛体として認識するよう、「剛体へ変換するために必要な座標情報を自動的に算出し、かつ、ファイルフォーマットを適切に変換するアプリケーション」です。


SKYCOM

SKYCOM


複数のDSPワイヤレス9軸モーションセンサの計測データ読込で剛体解析


『データコンバータ for SKYCOM』は、複数のDSPワイヤレス9軸モーションセンサで算出されたクォータニオンの値を、接続(ある剛体を起点、長さを指定して、次の剛体へ接続)することができます。これにより、SKYCOMの内部では、複数の剛体が繋がった形で読み込ませることが可能となります。

SKYCOMが兼ね備えている様々な解析機能を用い、従来では迅速に行うことができなかった複数のモーションセンサデータによる角度解析が容易に行なえます。

  • 2台のDSPワイヤレス9軸モーションセンサ間の相対角度解析
  • 肘や膝を想定した角度解析

製品一覧


製品名称 データコンバータ for SKYCOM
価格 オープンプライス

スタジオで計測いただくことができます


福岡計測スタジオでは、オプティトラック社製のモーションキャプチャシステムを完備。約100㎡(10m x 10m)のスペースで運動計測、身体計測を行うことができます。


福岡計測スタジオ

福岡計測スタジオ


お問い合わせ


製品についてのご質問などお気軽にお問い合わせ下さい。


製品に関するスポーツセンシング社へのお問合せ

製品に関するスポーツセンシング社へのお問合せ