※ 本製品は現在開発中です。
(発売予定時期:未定)

最大で2台のフォースプレートを無線化し、可搬装置として持ち運びを可能とするDSPワイヤレスフォースプレートロガー。
DSPを内蔵することにより、フォースプレートから得られた波形データをリアルタイムに高速演算可能。COPの算出から、ジャンプテストまで、評価値の算出を内部で行えることにより、様々なシーンに用いる用いることができます。


他の機器との同期計測


DSPワイヤレス9軸モーションセンサやDSPワイヤレス筋電センサなど、スポーツセンシング社のワイヤレスセンサ製品と容易に同時計測が可能となります。セットアップを気にすること無く、計測したい機器を準備するだけで、容易に様々な計測環境を構築可能です。


最大2台のフォースプレートを同時計測


2台のフォースプレートを接続することができるため、バランスやジャンプ時の微妙な左右差などを、単体で計測することができるようになります。


ダミープレート

ダミープレート


フォースプレートと同サイズのダミープレート。床上、床下に関わらず、フォースプレート設置位置を柔軟に変更できます。(取り付け穴位置/大きさも同一)


十分な強度


ジャンプテストなどでの使用を想定されているフォースプレートの近傍に接地されるため、ダミープレート自身の強度も必要です。SS-FP40DPは、フル金属製。5000Nの耐荷重を確保した製品です。


製品一覧


製品名称 ダミープレート
型番 SS-FP40DP
価格 \60,000

SKYCOM

SKYCOM


他に類を見ないコンセプトを持つ動作解析ソフトウェア


SKYCOM(スカイコム)は、OptiTrackで取得するデータを解析、評価するソフトウェアです。OptiTrackにより高精度に算出した位置座標データを用い、様々な解析がリアルタイムに行えます。さらに、取得した2つのデータを簡単に比較、評価する事が可能です。最新のアーキテクチャでタブレットPCでも解析を行う事が可能でユーザビリティに優れています。
SKYCOMによって、モーションキャプチャが変位計や加速度計に代わる非接触の計測システムに生まれ変わります。動きの特性から必要なデータを自動抽出し検証する機能を始め、解析の幅を広げる独自の機能が多く搭載されています。



フォースプレートを単体でUSB接続し、1kHzサンプリングの計測データ表示およびリアルタイムロギングを行えるアプリケーション。


複数台フォースプレートにも対応


USB計測のされたフォースプレートが複数台ある場合には、自動で接続されている台数を認識します。複数台のフォースプレートから同時に計測データを得ることができます。
また、フォースプレートが複数台ある場合には、1枚に合成した出力値を算出させることも可能です。


フォースプレート

フォースプレート


 フォースプレート床反力と呼ばれる身体とフォースプレート間の相互作用によって発生する力を計測する装置です.通常,4つの3軸力覚センサを配置し,その上のプレート(通常金属製)で運動することによって発生する力を計測します.この計測から,さらに,COPと呼ばれる圧力中心や,フリーモーメントと呼ばれる,鉛直軸まわりの摩擦によって発生するモーメントも算出することができます.

 このCOPの変動を調べる装置を,重心動揺計と呼ぶことがあります.人がフォースプレートの上に立っている状態は,箒をさかさまにしてバランスしている状態を想像し見てください.そのときの,支えている最下点がCOPに相当します.COPを水平方向にだけ動かし,上の方にある箒の重心をCOPでバランスしている様子をCOPの変動で調べることができ,医療の現場では利用されています.ただし,重心動揺計と言う名称ですが,正確には重心ではなくCOPを測っています.また,重心動揺計の場合,3個の力覚センサを使用することが多く,三角形をした製品が多いようです.