スキージャンプ時の飛翔姿勢を、DSPワイヤレス9軸モーションセンサを複数用いて計測。
身体に複数のセンサを取り付け、滑降時から飛翔、着地時まで計測。

内蔵メモリに記録することができるDSPワイヤレス9軸モーションセンサだからこそ、滑降直前に計測を開始することで、その後のデータはメモリへ記録。


使用機器と取付部位


  • DSPワイヤレス9軸モーションセンサ(5G/300dps):体幹上部
  • DSPワイヤレス9軸モーションセンサ(5G/300dps):腰
  • DSPワイヤレス9軸モーションセンサ(16G/1500dps):大腿(両足)

DSPワイヤレス9軸モーションセンサ


DSPワイヤレス9軸モーションセンサ

DSPワイヤレス9軸モーションセンサ


この製品をご購入いただいたお客様は、他にこんな製品もご購入されています。


合わせて読みたい関連エントリー

加速度センサの基礎

モーションセンサを構成する加速度センサについて解説します.自由に運動している物体に加速度センサを装着して運動を計測した例が,上の図の加速度です.同...

詳細をみる

モーションセンサによる運動計測

モーションセンサは一般的には,慣性センサ(3軸加速度センサと3軸ジャイロセンサ)と3軸地磁気センサを組み合わせた9軸センサと呼ばれるものが一般的です....

詳細をみる

DSPワイヤレス9軸モーションセンサ

無線+慣性センサ+ロガー+高度演算機能 多くのお客様からご支持いたいだ小型9軸ワイヤレスモーションセンサがフルリニューアル! 高度演算機能を搭載し、計...

詳細をみる

DSP防水型ワイヤレス9軸モーションセンサ

遂に防水型が登場!! 水泳以外にも、雪上競技や洋上競技でも活用いただけるよう、深く潜ってしまうことを想定した完全防水機能。端子部分まで水につけても問...

詳細をみる

DSPワイヤレス8軸モーションセンサ

6軸+2軸 = 8軸センサ 3軸加速度センサ(±16G、または、±5G)3軸、角速度センサ(±1500dps、または、±300dps)3軸に加え、±200Gの加速度センサを2軸分搭載。 異...

詳細をみる