関節角度計測を行う方法は、幾つかの方法で実現可能です。スポーツセンシングでは3通りの方法をご提案可能です。


慣性センサを用いる手法

DSPワイヤレス9軸モーションセンサを2台使用し、計測された加速度、角速度の値からセンサ内部で推定される姿勢情報を用い、相対的な3次元オイラー角を算出する方法。



使用機器


ゴニオメーターを用いる手法


ゴニオメーターは、直接的に角度を計測するセンサです。ワイヤレスゴニオロガーゴニオメーターを用いることで、1軸または2軸の関節角度を直接的に計測することが可能です。

使用機器

モーションキャプチャを用いる手法

身体に反射マーカーを取り付けて位置座標を直接計測するモーションキャプチャでは、適切な計測設定を行うことで関節角度の算出を行うことが可能です。

使用機器

  • モーションキャプチャシステム

シェアする

この事例ではこのような製品をご購入されています。