スポーツコーチングディレイ


SportsCoachingDelayは、iPadのカメラから撮影される映像を、遅延再生させるアプリケーションです。ドローイングや反転、多分割静止画、シャッタースピードの調整など、スポーツの現場に多く携わってきたニーズを盛り込んだコーチングアプリケーションです。

※ Ver1.1 リリース
・前面カメラ対応
・ハイスピードカメラモード対応
・連続静止画の時間ラベル付加



遅延再生+ドローイング


遅延再生画面にオーバレイして、ドローイングを行うことが出来ます。
基準となる線を引いたり、フォームの差異を分かりやすく際立たせるためなど、コーチング効果/フィードバックの効率を高めるためにドローイング機能は有用です。


遅延再生+カメラ機能設定


スポーツの撮影には、ゆっくりした動きもあれば、非常に速い動きもあります。このため、シャッタースピードの調整は必要不可欠です。遅延再生映像のデータを用いて、コマ送りによる確認などを行う際に、ボケた映像では、コーチングの効果が激減します。

"スポーツコーチングディレイ"では、撮影機能に関する以下の項目を調整可能です。
・シャッタースピード
・露出
・ズーム
・左右反転


ハイスピードモード対応


お使いのiOS端末が、120fps or 240fps撮影可能な場合、ハイスピードモードを使用して遅延再生を行うことができます!
これにより、コマ送りモードでの動作確認や、多分割静止画にて、より細かな変化を確認することができる、画期的な新機能です!


前面カメラも使用可能に


最新バージョン1.1では、背面カメラだけではなく、前面カメラも切り替えて使用することができるようになりました。
これにより、スタンド等で自分自身へiOS端末を向けた状態で、遅延再生を行うことができるようになりました。
セルフコーチングツールとして、さらに進化しました。


遅延再生+多分割静止画


遅延再生用にメモリへ蓄積されたデータは、何度でもリピート再生することが出来ます。
場合によっては、静止画として確認したいことが出てきます。そんな場合には、多分割静止画が役に立ちます。


分割数を1~16まで5段階で選択することができます。


分割の時間間隔を選択することができます。一連の動作が短い場合と長い場合、そのどちらにも対応することが可能です。


遅延再生+動画保存


特に必要となるデータについては、遅延再生用のメモリ内データを保存することができるようにしました。  別アプリケーションなどど動作分析をするなど、様々な活用が考えられます。

※本機能は、アプリケーション課金で機能追加できます。


対象機器およびOSバージョン


[対象機器]
iPhone
iPad

[対象OS]
iOS12以上

※注意点
遅延秒数は、対象機器のスペックに依存します。
なるべく最新の機種をお勧めいたします。
高画質表示や、長い遅延秒数が必要な場合は、『フルHD遅延再生システム』をお求めください。


販売価格


製品名称 スポーツコーティングディレイ(基本機能)
価格 \3,000

製品名称 スポーツコーチングディレイ(追加機能)
価格 \1,000

ご購入はこちらから


スポーツコーチングディレイのAppStoreへのリンク

AppStoreへのリンク


取扱説明書


ファイルを開く

シェアする

この製品をご購入いただいたお客様は、他にこんな製品もご購入されています。

合わせて読みたい関連エントリー