BPAT SAQ - 連続ジャンプ計測

スマホで動作する左右独立のマットスイッチセンサーを用いた,ジャンプ・ステッピング動作によるスピード・アジリティ・クイックネスを評価するパフォーマンス計測ツールです。

CMJ(カウンター・ムーブメント・ジャンプ)やRJ(リバウンド・ジャンプ)など、アスリートの能力評価に必要不可欠な計測を、低コストで、無線の利用による簡単な計測が行えるようになりました。重たいPCも不要で、タブレット(iPad)のみでデータを管理します。


モバイルアプリケーションで簡単測定


マットスイッチセンサーと専用の無線LANコンバーターを接続し、電源を投入し、その後、専用のiOSアプリケーションを立ち上げるだけの簡単セットアップ。
ジャンプ計測の他、アジリティやスピード評価を簡単に行うことができます。



新設計の専用マットスイッチ


BPAT SAQ - シングルジャンプ計測

1枚に見えるマットスイッチは、左右を独立に計測できる独自仕様。
2つのセンサーを内蔵したBPAT SAQ専用のマットスイッチを新規に開発しました!

これにより、ジャンプ計測だけではなく、ステッピング計測、片脚ごとの計測など、様々な用途への応用が簡単に行えるようになります。


メニュー


標準的なメニューを搭載済み。
(今後も、アップデートにより追加予定)


連続リバウンドジャンプ(両脚、片脚)

ステッピング

垂直跳び/ドロップジャンプ





短い接地時間の連続ジャンプを行うことにより,地面との高反発特性(走高跳びや,短距離走などで必要とされる全身の高い弾性特性)を判定するRJ指数を算出します.国立スポーツ科学センターなどでエリートアスリートのデータが蓄積されていますので,比較することができます.

接地時間と滞空時間から算出された跳躍高から,RJ指数を計算します.

一定時間内に行える最大ステッピング数の計測で,アジリティ(敏捷性:agility)などの指標となります.

垂直跳びは、RJ指数と同様な計算方法で,滞空時間から跳躍高を計算しますので,跳躍能力を反映しますが,一般に普及している垂直跳びと若干,結果が異なりますので,ご注意ください.
参考:「力積と滞空時間を用いた跳躍高算出における差異の要因―姿勢の違いに着目して―

ドロップジャンプは連続リバウンドジャンプと似ていますが,少し高い位置から飛び降りて,反動を利用してできるだけ高く跳び上がります.連続リバウンドジャンプよりも負荷の高い単発の動作によって,高反発特性(走高跳びや,短距離走などで必要とされる全身の高い弾性特性)を判定することができます


片脚リバウンドジャンプ


反応速度テスト


片脚バランス





片脚のみでリバウンドジャンプを行い、身体の左右差を把握することができます。


計測ユニットのディスプレイに表示(+音)が出てから、ジャンプできるまでの時間を計測することで、全身の反応速度時間を得ます。


立った姿勢(立位)で片脚立ちになり、バランスを保てる時間を計測します。反対側の脚が床面についてしまった、または、軸足側がジャンプしてしまった、の2つの条件をORで計測することができます。


チームでパフォーマンス向上を(チーム管理機能)


チームのメンバー毎に計測データを管理することができます。
個人には、複数のタグを割り当てることができ、「AチームとBチーム」「ケガの有無」等のグルーピングを柔軟に行えます。



BPAT SAQの商品構成


  • マットスイッチセンサー x 1
  • APポイント機能付きデータ収録ユニット x 1
  • 接続ケーブル x 1
  • すべり止めシート x 1

導入について


オンラインショップからご購入

レンタル

リース購入



レンタル型式での導入も承っております。
導入台数や期間によって、レンタル費用が異なりますので、お気軽にご相談ください。
お気軽にご相談ください。

リース契約による購入も可能です。
(※ 弊社指定のリース会社にて、対応させていただきます。)
(※ リース契約には、事前審査がございます。)


ダウンロードはこちらから


BPAT SAQ @ AppStore


お問合せ



この製品をご購入いただいたお客様は、他にこんな製品もご購入されています。