ヤマハ株式会社が開発した、音を用いて複数の映像を同期する技術「ChimeCa」(キメカ)を採用した初の製品『ChimeCa™ Sports』(キメカスポーツ)を株式会社スポーツセンシングが発売開始



「ChimeCa」について



バラバラに撮影した複数の映像のタイミングを、音を使って瞬時に合わせることができる、ヤマハの独自技術です。音楽のみならず、話し声や体育館の環境音といった、微細な音をもとに同期することが可能です。大きな機材や難しい操作は必要とせず、撮影された映像が専用のシステムに自動アップロードされ、即座に一覧性の高いマルチアングル映像を合成します。

「ChimeCa Sports」について

ChimeCa Sportsの基本構成は、下記の通りです。
・コンパクトな専用サーバー
・4台の専用アプリがインストールされたモバイル端末
・無線アクセスアクセスポイント

撮影は、パソコンやタブレットからワンステップ操作で行うことができ、撮影した動画は専用サーバーに自動的に蓄積され、マルチアングル動画がすぐに完成します。撮影された複数視点の個々の動画、作成されたマルチアングル動画はダウンロードして持ち帰ることが可能です。SPORTS COACHING VIEWERを用いれば、驚くほど効率的な復習や、ミーティングが可能になります。
一目瞭然のフィードバックをどこでもすぐに確認できる、競技力の向上に最適なシステムです。



ChimeCa Sportsデモ映像


福岡スタジオにてルミカ社製Bi Rod 6C-2000を使用して、ロッドを同一の高さ、または高低差を設けてデモ映像を撮影。




ChimeCa技術の詳細

ChimeCa技術の詳細についての解説ページは
こちらを御覧ください。


ChimeCa Sports試験導入インタビュー



ChimeCa Sportsの体験スタジオについて


『ChimeCa Sports』は、当社の福岡スタジオで体験することができます。同スタジオでは、『ChimeCa Sports』のほか、DSPワイヤレス9軸モーションセンサを始めとする無線計測機器から、モーションキャプチャシステム、フォースプレートまでを完備しており、サンプルデータの計測から、本格的な実験まで、様々なデータの計測を行えます。


福岡計測スタジオ

福岡計測スタジオ


デモについて


現在、デモは福岡本社(福岡計測スタジオ内)でのみ行っております。デモをご覧になられたい場合は、お問合せフォームよりご連絡下さい。


お気軽にお問合せ下さい。



合わせて読みたい関連エントリー